2013-09-14

幸せの風景を彩るディスプレイ wedding welcome space display

もうすぐ1年経過するんだなぁと気づいたので
今日は、1年前に親友の結婚パーティのウエルカムスペースをディスプレイしたお話を綴りたいと思います

パーティから数ヶ月前のこと
親友がウエルカムボードと一緒にウエルカムスペースの飾りつけを頼んでくれました

ずっとやってみたかった結婚式のディスプレイ、親友に素敵な機会をプレゼントしてもらえて
それから毎日、どんなふうにしようかとイメージする日々が続きました


1番はじめに、この3つのアンティークの家具を購入しました

 アンティークの風合いが素敵な白い家具たち
これに、たくさんのアンティークのお気に入りを並べて飾りつけしました

そうして完成したのがこちら


 2人のイニシャルカードをつくって、TとSは目立つところに

左側にある水色の丸いものは、フランスのアンティークで、カレンダーになっています
後ろのねじをまわして、パーティ当日の日付SAMEDI 15 SEPTEMBREにあわせました


ディスプレイをするのは楽しくて好きです
頭の中にあるイメージを形にすること、平面よりも立体のほうが難しくて悩みますね


外国の古いトランクが好き

これはこんなふうにディスプレイ

今はアンティークの大きなアルファベットがほしいです
インテリアのアクセントに活躍してくれそう
イニシャルはEかLがいいな、最近Wも好きなので、いつかどこかで出逢えるといいな

最近、引越しをしたので、素敵なお部屋作りに試行錯誤の毎日です
ディスプレイのセンスも磨いていけたらいいなと思います

さて、話は戻りますが
主役の2人が喜んでくれたことがもちろん1番なのですが
飾り付け中に、かわいいですねと声をかけてくれた幹事・受付の方
会場のスタッフの方にも、今までで一番素敵なウエルカムスペースでしたと最後にお声をかけていただき
ほんとうにうれしかったです


ウエルカムボードもそうですが、今までたくさんの結婚式を見てきただろうプランナーさんに
おほめの言葉をいただけるのが、ありがたく光栄なことだなぁと思う最近です


大切な1日をお手伝いさせてもらえる素敵な機会をくれた親友に改めて感謝です

この時、はじめてウエルカムスペースをディスプレイさせてもらい
次はこんな感じもやってみたいと新たなイメージも生まれたので
またいつか、このような機会があれば、ぜひ挑戦してみたいと思っています