2013-11-17

鏡の宝物

鏡の宝物ができるなんて、思ってもみませんでした

数年前のこと、会社に届いた私宛の荷物の中に入っていたもの
MEGさんからいただいた鏡です

表面にサインと私の名前を書いてくださっています
いただいた時は、ちょうどLuiiReの2周年の時だったのでLuiiReの文字も

私がLuiiReのショップマネージャーとしてお仕事をしてきた中で
MEGさん、MEGさんが手がけてきたCAROLINA GLASERのスタッフのみなさんとの関わりはとても深くて
コラボアイテムの制作をはじめ、ほんとうにたくさんのことを一緒にさせてもらいました
(このお話はまた機会があったら、ブログで綴れたらいいなと思います)

残業中、MEGさんの歌を聴きながら、CAROLINA GLASERの企画の準備をしていたこと
とても懐かしく思います

MEGさんとはじめて会ったのは、実は私がまだ大学生の頃で
MEGさんがブランドを立ち上げたばかりの展示会でのことでした

洋服好きだった私が、静岡から東京にはるばるやってきて
それはそれはドキドキしながら会場に向かったこと、今でも鮮明に覚えています

会場の雰囲気にとまどいながらも、洋服をふたつオーダーしました
帰り際、MEGさんが"ありがとねー"と私に声をかけてくれました

時が経つにつれ、思い出を少しずつ忘れていってしまうものだけど
忘れられない記憶ってちゃんとあるんだなぁと感じます

それから数年経って、まさか自分が再びMEGさんに会って
そして、そのブランドをお取扱いさせていただくことになるなんて、びっくりです
少し不思議にも思うけど、たくさんの想いは、強い気持ちは、未来できちんと繋がるんだと思います


今年の、まだ春がやってくる前のこと
出会って何年も経つけれど、はじめて2人でごはんに行きました

2人きりで、こんなにたくさんお話をしたのが、実は初だったので
たぶん緊張を隠し切れてなかったと思うけど笑、とっても楽しかったです

信念を持って、きちんと行動に移せる女性は、すごくかっこいい
私もMEGさんのようになれたらいいなと思った、東京の夜でした

そんな素敵な夜の思い出も、鏡と同じ大切な宝物です


私の宝物に関する記事はこちら ]