2015-07-08

過去と未来の間

こんにちは、お久しぶりです
いつの間にか夏になってしまいましたね

最近は雨ばかりですが、雨の日に聴きたい歌に出逢ってから
雨の日も少しだけ好きになりました

キラキラと日差しが眩しくなる真夏を前に、少し春のことを振り返りたいと思います


とある春の日、母校に行ってきました

この大学に入れて、この学部に入れてほんとによかったと
静岡に行くたびに、みんなに会うたびに思います


今回の1番の目的は、みんなでタイムカプセルを開けること
そのタイムカプセルには10年後の自分に向けて綴った手紙が入っています

手紙を書いた日のこと、けっこうよく覚えていて
締め切りまで時間がなくて、ばたばたしながら急いで書きました

そして、今回も再び10年後の自分に向けて手紙を持参することになっていたのですが

"自分"というものはなかなか変わらないもので...
今回もばたばたした気持ちで急いで書いてきたんですよ笑

でも、美術科は予想を超えてくる人が続出する科だけあって
当日その場で書きはじめる人もちらほら笑

"まず10年後に生きてるかが問題だよなー"なんて
前に手紙を書いた時には考えもしなかった内容で盛り上がりました

私はそれを見て、10年後みんな幸せだといいのになあと思いながら笑っていました


しばらくして、テーブルに過去の手紙が並べられました
自分の手紙が見当たらずに、やっぱり私手紙書いてなかった...という人もいました笑

私は、ちょっぴりはずかしい気持ちとともに
10年前の自分から手紙を受け取りました

手紙の前半部分は、何を書いたか鮮明に覚えていたので
やっぱり思っていたのと同じことが書いてあるなーと思いながら読んでいくと

後半部分に入り何を書いたのか忘れていた部分もあって
周りに人がいなかったら完全に泣いてました

思いがけず、ちょっとうるっときまして、気を抜いたらうっかり泣いてしまいそうでした
おいおい、10年前の自分けっこういいこと書いているな!と笑

まずい、今回書いた手紙よりも10年前の手紙のほうが感動的だ......
終始書き直したい気持ちとともに、久しぶりの再会を楽しみました

時間あるし書き直してもいいよって言われたけど
でも、今回新たに書いたことは絶対に叶えたいことだから
ちゃんと叶えているようにって願いを込めて書いたのだから
そのまま書き直さずに保管してもらうことに決めました

それと、他のみんなも言っていたけど
10年前と同じようなことを、今回の手紙にも書いていて
やっぱり、"私"は"私"なんだなぁなんて思ったりもしました

自分らしさとか、そういうのをこれからも大事にしていきたいなと
改めて思いました


手紙の中の10年前の私から
"今のあなたはどうですか?
ちゃんとがんばっていますか?"
にドキッとしたので、気合いを入れてがんばりたいと思います

10年後の私、どこで何をしているのかな

手紙の最後の行に
"会えてうれしいです"
って書いてあって、自分で書いたくせにちょっと感動してしまいました

いろいろあったけど、10年という月日をがんばってきたわけで
今こうして、たくさんを乗り越えて、ちゃんと生きている自分に会えてよかったなと思いました

10年後、今より幸せな私に会えますように

未来の自分に向けての手紙けっこうおすすめです
過去の自分に支えてもらって、さらに力強く歩んでいけるような気がしました


10th 富士山スタンプで乾杯