2013-07-11

はじめてのcadeaux

前回の記事でパリの写真をupしたら、いろんなパリの思い出がよみがえってきました
なので、今日はパリに行った時のお話をひとつ

フランス語でcadeaux(カドゥ)は贈りもののことをさします

とあるかわいいお店に、かわいい店員さんがいたのですが
そこでいくつか商品を買ってお店を出ようとした時
そのお姉さんが"cadeaux"と言って、商品の中からポーチを差し出してプレゼントしてくれました
わ~、なんていい人なんだろう!と思って、"merci!"と言って笑顔で店を出ました

そのできごとがとってもうれしかったので、お姉さんにお礼が言いたくなって
ギャラリーラファイエットでパティスリー・サダハル・アオキ・パリのお菓子を買い、後日再びお店に行きました

覚えていてくれたのか、お姉さんは笑顔で迎えてくれました

そして、今度は私がドキドキしながら"cadeaux"と言って、この前のお礼にお菓子をプレゼントしました
憧れの街ではじめての贈りものをすることができて、そしてそれを喜んでくれて、とっても幸せな気持ちになりました

フランス語はほとんどわからないのですが、少しの言葉と想いがあれば気持ちは伝わるんだなぁと実感...
大好きな街で、思いがけない素敵なプレゼント交換ができ、宝物のようなキラキラの思い出ができました

私が出逢うフランスの方は、どの人もいい人ばかりで
だから、私はフランスがもっと好きになったのでした


パリの旅に関する記事はこちら ]

思い出の黄色いポーチ

お店がある街の素敵な一角